綺麗な土地は値段が上がるの?

値段が高い土地ってどんな土地?どんな土地だと売却するときに高い金額で売れるのか? - 綺麗な土地は値段が上がるの?

新着情報

▶2016/08/29
綺麗な土地は値段が上がるの?の情報を更新しました。
▶2016/08/29
定期的に草刈りを行う必要があるの情報を更新しました。
▶2016/08/29
建物をそのままにして売るか?更地にして売るか?の情報を更新しました。
▶2016/08/03
プロフィールを新規投稿しました。
▶2016/08/03
看板や囲いの設置をしようの情報を更新しました。

綺麗な土地は値段が上がるの?

fykuyf
建物というのは誰も利用することが無くなると急速に老朽化が進んできます。もし土地売却をしたいのであれば、建物付きで売ったほうがいいのか、それとも更地にした状態で売ったほうがいいのか悩む事があるかもしれません。例え更地にしたとしても、やはり第一印象を良くしていく必要がありますので、土地を管理することは必要になります。

建物を解体するメリット

建物を解体する最大のメリットというのは、空き家を管理する手間から解放されます。空き家を所有していると建物や庭の管理を定期的に行う必要が出てきます。それを放置していると場合によっては近所から苦情が出ることもあるでしょう。空家等対策特別措置法による特定空き家に指定された場合は建物を解体することが現実的な解決法です。
売却するために建物を解体するということはメリットが大きいです。老朽化した建物が立っている土地よりは更地にした土地のほうが早くてより高く売ることが可能になります。買主としても更地のままにしてもらった方が、これからどうするのかが考えやすいということもあります。
実際にどうするのかというのは土地査定をしてもらった不動産業者に相談してから決めるといいでしょう。建物が立ったままの状態で売ったほうが価値が高いのか、更地にしてから売ったほうが価値が高いのかということについて、客観的なアドバイスがもらえます。

第一印象を良くすることが重要

土地によっては全く手入れができていないということもあり得ます。長く所有している土地で別段何かしらの土地活用をしているわけでもなく、住宅が建っているわけでもないというようなこともあるでしょう。近くにある土地であればどういう状況なのかを確認することができるわけですが、遠くにある土地を所有しているのであれば、敷地の状況を確認することが無く荒れ果てたまま放置している状態になっていることもあります。
荒れ果てたままという状態の中には危険物がたくさんあったり、簡単に捨てることができない不法投棄されたゴミが置かれてあったり、草が生い茂っていて草刈りが必要であったりという状態の場合は買主としてもこれは土地をまず整備しないといけないなと言うように、コストがかかるという印象を持つわけです。そうなってくるとあまり良い印象を持つことはなくマイナス評価を受けてしまいます。
土地の売買を行うのであれば、買主としてはやはり土地の状態がいいものを購入したいという風に思うものです。そうであれば、売主としては土地の外観を良くしておく必要が出てきます。外観が良ければ第一印象がいいという評価を受けます。第一印象を良くしないといつまでたっても購入者が現れないという結果にもなります。
周辺環境や日当たり具合、土地の形状というのは今更ながらどうすることもできない問題です。しかし、土地の管理の問題であれば売主の努力次第でいくらでも整備をすることが可能です。だからこそ、不法投棄をされたのであれば、そういうものを適切に処分したり、草刈りを定期的に行ったり、適切に管理しているということを表すためにも看板を建てたり、囲いを設置することが必要になってくるわけです。

高く売りたいならきれいに土地をする必要がある

建物を解体するより更地にしたほうが価値が高くなるのならば、更地にすることを選んだほうがいいでしょう。更地にしたとしても第一印象を良くするためにも適切な管理をすることが求められてきます。

Copyright(C)2016 綺麗な土地は値段が上がるの? All Rights Reserved.